TOPこども ≫ 色遊びとダイソーのドリル

色遊びとダイソーのドリル

「♬ どんな色~が好き?」と歌うと、「あかー」と言ったり「あおー」と答えていた娘。

でも先日お風呂で色遊びをしていたら、実は色を1色も分かっていなかったことが判明・・・!!

もしかして色覚異常かとも考えましたが、しまじろうのアプリで釣りゲームをさせると、青い魚は青いバケツへ、赤い魚は赤いバケツへ、きちんと入れる娘です。

釣りゲーム

てっきり何色かは分かっていると思い込んでいたこと、そして、たまたま娘の発達が気になっている真っ最中だったこともあり、今回の出来事には結構な衝撃を受けました。


Sponsored Link




他の子よりも優れていてほしいとまでは思いませんが、プレの活動は「好きな色を使って」という作業も多い。

それからは絵本を読む時や普段の会話でも、色を意識しながら話すように心掛けています。

絵本

色遊び

最初のうちは、形のある物だと形や物の名前に意識がいってしまい、色のことを言われても混乱している感じでしたが、少しずつ「色とは何か」が分かってきているようです。

加えて、ダイソーでドリルを何冊か購入してみました。
(画像に写っているのはお絵かきシリーズですが、他のシリーズも何冊か買いました。)

ダイソーのドリル

これがなかなか食いつきで、単純な塗り絵のページもあれば、点線をなぞったり絵を完成させたり。

少し忘れかけていた気がしますが、こんな風に声掛けしながら、じっくり‘一緒に遊ぶこと’って、とても大切な事なのだなと痛感しています。




* おまけ *

たまには自分の服を買いに行こうと出かけても、ついつい娘の物を買ってしまう。

西松屋g
(西松屋にて)


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

最後までお読みいただき有難うございます。
上のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL