TOPリビング ≫ すっきり暮らす道のりはダイエットのようなもの

すっきり暮らす道のりはダイエットのようなもの

クループからの高熱と気管支炎が長引き、約1週間の入院をしていていた娘ですが、そろそろ自宅に戻ってくることができそうです。
(本日は付き添いを姉に交代してもらっています。)

入院

今回は熱性けいれんも2度ほど・・・。
小さい子供が高熱を出すと、本当にぐったりとしてしまうので、見ているほうもつらいですね。

楽しみにしていた七夕まつりにも行くことができませんでしたが、やっと笑顔でお話しできるようになった娘を見て本当にほっとしています。



さてさて、前回の日記で、「リバウンドした実家を掃除した」と書きましたが、写真を載せていなかったので。

▼Before
Before

▼After
After

前回の日記はこちら


数日実家に寄らないだけで、あっという間にリバウンドしてしまうので、正直「私が実家を片づけている意味などあるのだろうか・・・」と思うこともありますが、この程度の散らかりも1~2時間あれば片づけられるようになったのは今までの努力の結果。
幸い我が家から実家は歩いて行ける距離なので、私に時間のある限りは今後も片づけていこうと決めています。

みーちゃん


付き添い入院中に購読した雑誌に、なるほどと思うことが書いてありました。

物を減らすことは、ダイエットと同じで波に乗るまでが大変。
断捨離仲間をつくり、お互いに励まし合うのも秘訣
  なのだそう。

今回読んだ雑誌については、また詳しくご紹介させて下さいね^^


~ブログ村テーマ~
暮らしの見直し
楽しく暮らす


最後までお読みいただき有難うございます。


にほんブログ村

上のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^





サイトに広告を貼って稼ぐなら『忍者AdMax』


Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年07月12日(Wed) 08:39
Re: No title
編集
こんにちは!

ソファーカバーはいくら頑張ってもうまく馴染まず、猫の毛もとれないという失敗品でした。
そもそもサイズがあっていなかったかもしれません。
姉が上からシーツをかけているようなので、もうソファーに関してはノータッチで(笑)

役員のお仕事に関しては、昔から問題になっている点もありながら上手くいかないのが現状なのでしょう。
なんせ毎年役員が変わるわけですから、その年ごとにやり方も考え方も変わるのだと思います。

そういえば、以前教えていただいたユニオンは、これから立ち上がる企業向けの保険のようです。
既にある株式会社や有限会社は入れないのだそうです。
ただ、このことが話題となって、夫の会社も厚生年金へ入るきっかけとなったのかもしれません。
まだ加入できるかは審査中とのことなのでどうなるか分かりませんが、いつも「今が良ければそれでいい」「どうにかなるさ」だった夫が、少しは将来のことを考えるようになってくれて嬉しく思っています^^
2017年07月12日(Wed) 14:44
No title
編集
私も実母の住む実家の片付けに通ってますが、3日後ですでにグチャッとなってて
私のやってる事は意味あるのか、と毎回虚しさに襲われます。
いつも物が無い無いと探してるので、籠やボックスを使って分類しラベルを貼っても
一週間もしたらラベル無視で色んなものが突っ込んであったり、そもそも籠が部屋の隅に乱暴に積み重ねられてたり…
80オーバーのおババだから仕方ないとは思いつつも、度々無力感に襲われます。
オマケにゴミのようなガラクタも中々捨てさせてくれないし(T ^ T)
でも、私が少しづつでも片付けなかったらゴミ屋敷まっしぐらだし、つまづいて転倒・入院されるのも困るので通ってます。
実家片付けにやり甲斐を求めてはいけないんですよね。汗をかき埃と戦いながらながら粛々と片付けるだけです。
2017年07月12日(Wed) 16:34
Re: No title
編集
狭い家を散らかす嫁さん、はじめまして♪
コメントありがとうございます。

同じような方がいたなんて、とても親近感を感じています^^
人生の大半を散らかして生きてきたのだから、今更生活を変えるのなんで難しいことなのかもしれませんね・・・。

籠に入れるだけなんて、とっても単純で簡単なことに思えるのに(泣)


ゴミ屋敷に住んでいても何も良いことなんてなし!
デメリットだらけ!

災害が来た時のことを考えても恐ろしいの一言。


狭い家を散らかす嫁さんも頑張っているのだと思いながら、自分を励まし、今後も頑張ります!
狭い家を散らかす嫁さんもお体には気を付けてくださいね。
陰ながら応援しています!
2017年07月12日(Wed) 18:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL