TOP家計の見直し・ふるさと納税 ≫ iDeCo(個人型確定搬出年金)始めます。

iDeCo(個人型確定搬出年金)始めます。

長男が私立高校を卒業し、次女が幼稚園を卒園し、少し生活が落ち着いてから・・・なんて考えていましたが、今できることから少しずつでも、老後の備えについて新たに何かはじめてみようと思っています。

iDeCo(個人型確定搬出年金)

個人型確定搬出年金iDeCo(イデコ)楽天証券


Sponsored Link




早速、楽天証券からイデコの申し込み申請をして書類が届いたところなのですが、その後すぐに夫から突然の報告。

「厚生年金に入れるかもしれない。」
現時点では国民年金の夫婦です。

iDeCo(個人型確定搬出年金)

となると、既に記入されて届いた書類の項目は不備となってしまい、限度額なども変わってくるため、結局イデコへの申し込みは先延ばしに。

ただ、いずれにしろ始めたいイデコについて、今回勉強したことをメモ代わりに。


iDeCo(個人型確定搬出年金)とは

自分で老後の資金を準備する制度で、2017年1月からは、ほぼすべての現役世代が個人型確定搬出年金に加入できるようになりました。

個人型確定搬出年金を始めるには、金融機関をひとつ選んでイデコ用の口座を開設し、預金や保険、投資信託などの金融商品を運用していきます。
金融機関によって、取り扱う商品や手数料が違うのですが、多くの方が楽天証券(運営管理手数料0円)をお勧めしていたので、私は楽天証券にしようと決めています。

イデコのデメリットは、「運用結果によっては元本を下回る」ことですが、元本確保型の定期預金もあります。


イデコの特徴

・60歳まで引き出しが出来ない
(60歳以降に、年金方式か一時金で受け取ることができます。)
・月額5,000円から1,000円単位で設定できる
(上限額 ①自営業者68,000円 ②企業年金のない企業の従業員23,000円 ③公務員12,000円 ④専業主婦23,000円 ⑤企業年金のある従業員12,000円)
・掛け金の額は1年に1回変更することができる


イデコのメリット

運用益が非課税なうえ、支払った掛け金の全額が所得控除の対象となるため、その年の所得税や翌年の住民税が安くなる。
(専業主婦の場合、所得控除のメリットはなく、配偶者の所得から控除されることもありませんが、自分名義の老後資金を作れる点がメリットで、通常の投資信託と比べると運用中と受取時に節税メリットがあるそうです。)


受取方法

原則60歳以降に給付請求をおこなうことで、積み立てた金額を受け取れます。
受取方法は老齢年金方式で5年以上20年以下の期間で受け取るか、老齢一時金として一括で受け取るか、または年金と一時金を組み合わせて受け取ることもできます。
(その他、障害給付金、死亡一時金、脱退一時金の給付を受け取ることもできます。)


加入手続きの流れ(楽天証券の場合)

①ウェブサイトで申し込み
②申込書類の返送
③手続完了・各種書類到着
④ウェブサイトの初期設定・掛金の配分指定
⑤掛金引き落とし開始


保険会社の個人年金との違い

・個人年金は「貰える年金額が確定している分、安心感がある」のに対して、確定拠出年金は、年金額を増やせる可能性も減る可能性もある
・個人年金では積立額が契約時に決定されてしまいますが、確定拠出年金では1年に1回変更することができる
・個人年金保険は個人年金保険料控除として最大で所得税から40,000円、住民税から28,000円の控除を受けることができるのに比べて、確定拠出年金では、支払ったお金のすべてが年末調整や確定申告で控除の対象となり、受取時にも節税メリットがある
(ただし、イデコの所得税控除があることで、ふるさと納税の上限金額が減少することになる)


最後までお読みいただき有難うございます。
下のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

こちらのランキングへも参加しています。


掃除・片付けランキング




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL