TOPこども ≫ 40歳での出産と産院のこと

40歳での出産と産院のこと

2012年、40歳(正確には41歳のお誕生日を迎える寸前)に、女の子を出産しました。

出産

出産した病院は個人病院です。


Sponsored Link




妊娠して、保険福祉センターに母子手帳を取りに行った時、私の年齢を見た担当者の方が、

「失礼ですが、個人病院で検診を受けてるんですか?大きな病院に行って下さいと言われませんでしたか?」

と言うので一瞬不安になりましたが、高齢出産で個人病院でも、何の問題もなく出産することができました。

思い起こせば妊娠後期になってからは、先生に怒られてばかり。
貧血なうえ、太りすぎてしまった私は、運動の事、食事の事、あれやこれやと怒られては、度々不安に襲われましたが、今となっては無事に娘が生まれてきてくれたことに心から感謝をしています。

ちなみに私が産院を選んだ基準は、たまたま癌検診で行ったレディースクリニックがきれいだったから。

レディースクリニック

食事はシェフのこだわりのお料理で、出産後にはコース料理を。
更には無料エステ(または韓国あかすり)のサービス。
ベビー服からアルバムなど、数々のプレゼント。

BABY STORY
(出産ファーストメッセージ BABY STORYが泣かせてくれます。)


でも、私は本当に無知で、出産間近になってから‘病院によって出産費用が違う’という事実を知りました。
同じ時期に近い個人病院で友人が出産したのですが、なんと分娩費用の差は約6万円。

もっと早く知っていれば、差額でいろいろできたのになぁ・・・なんて思いが、ちらほら頭をよぎっています(笑)


出産
・・・お買い物かごにすっぽり中・・・



最後までお読みいただき有難うございます。
下のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

こちらのランキングへも参加しています。


掃除・片付けランキング




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL