TOP家計の見直し・ふるさと納税 ≫ 2016年 今考えるお金の貯め方

2016年 今考えるお金の貯め方

子供達がそれぞれ進学し、月々かかる費用が見えてきたら、積立貯金をはじめよう! なんて考えていたところに、マイナス金利だと騒がれはじめました。

元手10万円で得する!株主優待完全カタログ
★元手10万円で得する!株主優待完全カタログ 優待付き全1289銘柄完全収録

少し投資を学びたいと思い、こんな本を読んでいます。


Sponsored Link




株主優待も魅力だけれど、「大きな損をするかもしれない」という恐怖で、なかなか最初の1歩が踏み出せずにいるのですが、そんな中でも個人的に注目しているのが個人向け国債。

個人向け国債は定期預金とよく似ているそうです。

・満期が来た時に、最初に払い込んだお金が戻ってくる
・プラスα利息が受け取れる

個人向け国債は購入できるタイミングが決められていますが、ほとんどの金融機関で購入することができて、誰でも1万円から始めることができるそう。
定期預金より金利もちょっと良いみたいですし、国が元本を保証してくれることもあり魅力的な商品です。
(まだ私は国債についての知識は薄いので、気になる方は検索してみてくださいね。)


先日、サンキュ!からも興味深い情報を見つけたので、ここでもを少し紹介してみます。


★ 利率のいいネット銀行に無料で自動入金する方法がある

住信SBIネット銀行とソニー銀行には、他行の口座から毎月一定額を手数料無料で預金口座に入金してくれるサービスがあるので、給与が振り込まれている口座が他行でも、自動的に積み立てることが可能。

★ 長期間預ける「仕組預金」がおすすめ

仕組預金は各金融機関が独自に運用方法を決める預金。
満期日にしか解約できない代わりに好金利を得られるものです。
いちどにまとめてでなく、10万円単位で少しずつ時期をずらして預けるのがおすすめ。

★ お得な地銀のネット支店に注目

自分の住んでいる地域にない銀行でも、ネットなら利用できます。
都市銀行に対して知名度の低い地方銀行は、案外利率のキャンペーンでがんばっているもの。

特に利率のいい地銀は

「愛媛銀行」100万円限定で年利0.3%
「香川銀行」100万円までは年利0.25%
「トマト銀行」100万円までは年利0.25%

* いずれもネット専用支店の金利です。


サンキュ!7月号「今、注目のお金の貯め方教えて!!」より


にほんブログ村
にほんブログ村

最後までお読みいただき有難うございます。
上のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^





Comment

No title
編集
こんにちは(≧∇≦)
娘ちゃん 夕涼み会に参加できて良かったですね。
お気に入りの浴衣を着て、楽しく過ごして来たかな🎵
1日だけの出席に、月の保育料を払うって悲しくなりますよね。
年間にかかる保育料は、月割り計算されているので、夏休みや冬休みがある月でも引き落とされるそうですよ。
こちらの幼稚園、夏休み中の預かり保育は700円。給食希望なら310円追加です。

投資・・・いろんな方のブログ見ると、この話題見かけますね。
銀行に預金しても増えるわけでもなく、うまく運用出来ればいいな〜と思います。(我が家は投資やってないです)
県外の国立大に入学したとして、4年間で1000万円。
そう考えると、我が家の場合は就職希望の子がいれば、それはそれでいいかなって考えています。

甲子園の地区予選、そちらは盛り上がっていますか?
昨日応援に出かけ、1回戦突破しました。
県代表になって、先輩たちに甲子園連れて行って欲しいと息子が話しています^_^

2016年07月17日(Sun) 14:20
Re: No title
編集
きなこさん、こんばんは~♪

夕涼み会、参加できて良かったです^^
(練習もしていなかったので、踊りの時間はほぼ固まっていましたが。)

年間にかかる保育料は、月割りで計算されてるんですね!
知らなかったよー。
すっごく損した気分だよー(泣)

でも2月頃に少し戻ってくるんですよね?
(旦那の記憶だと2ヶ月分ぐらいだって言ってたけど、どうなんだろう。)

投資、主婦の方のブログを見ると、イオンに投資しているブログをよく見かける気がします。
(うちから歩いて行ける距離にはイオンがないので、個人的にはイオンはパスなんですが。)

本を読んでもいまいち納得いく理解ができずです、サンキュに載っていた方法は簡単そうで良いかも♪と思っています。

息子ちゃんの高校、甲子園、1回戦突破したんですねー!!
おめでとうございます。
ぜひとも甲子園に行って、良い思い出を残してほしいです^^

今年は猛暑らしいので、熱中症にも気をつけて下さいね。

2016年07月17日(Sun) 20:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL