TOPこども ≫ お箸の持ち方が上手になるサポート

お箸の持ち方が上手になるサポート

今まで好き嫌いの多い娘には、手づかみでもいいから食べてくれることを優先にしてきましたが、最近はようやく食べられるものも増え、「嫌いな物でも1口は食べてみる」ということができるようになったので、お箸のトレーニングにも少し本腰を入れ始めました。

と言っても、食べている最中につべこべ言うのはやはり逆効果な気がしたので、まずは新しいお箸を購入。

ののじ はじめてのちゃんと箸
ののじ はじめてのちゃんと箸


Sponsored Link




ののじのお箸は娘もとってもお気に入りで、正しい持ち方にもなりやすく満足しています。



ハードカプラが慣れてきたらソフトカプラにステップアップできるお箸で、練習用のお豆も付いています。

ののじ はじめてのちゃんと箸

娘の通う幼稚園は、給食の時にお箸を使わせると聞いていましたが、持ち帰るお箸を見ても汚れていたことがなかったので、このお箸は幼稚園に持たせることに。

自然に身につく魔法のおはし

トレーニング用のお箸が入るカトラリーケースも買いました。

カトラリーケース

そして、自宅用にもう1種類お箸を購入。



少し変わった形をしていますが、娘の場合はオレンジのサポーターを取り外して使っています。

ベビーレーベル はじめてサポートおはし
コンビ ベビーレーベル はじめてサポートおはし

ベビーレーベル はじめてサポートおはし

ベビーレーベル はじめてサポートおはし

ちなみに今まで使っていたのは、六角知能箸とエジソンのお箸。

▼六角知能箸(参考までに。)



あくまでもうちの次女の場合ではありますが、4種類のトレーニング用お箸の中では、ののじのお箸が1番使いやすいようです。




* おまけ *

お花トースト

親戚からプチトマトをいただいたので、お花トーストにチャレンジ。


最後までお読みいただき有難うございます。
下のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

こちらのランキングへも参加しています。


掃除・片付けランキング




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL