TOPこども ≫ 高校受験にかかった費用(長男編)

高校受験にかかった費用(長男編)

長男の行く高校が決定しました。

残念ながら本人の志望校には受からず、(金銭的に)公立へ・・・という親の願いも叶わずでしたが、まずは本当にお疲れ様でした。

私の時代は、公立高校を受けるチャンスは1度しかありませんでしたが、今は3回もあるのですね。
(ただし最初に私立高校に合格している場合、3回目の公立受験にチャレンジするとなると、合格している私立を諦めての受験になるそうです。)

今回は、これから長女や次女が高校受験をする時用のメモとして、長男の高校受験にはいったいいくらかかったのかをまとめてみます。


高校受験費用

私立高校受験料 17,000円
公立高校受験料 2,200円

長男の場合は公立を2ヶ所受けたので、17,000円+(2,200円×2)=21,400円

他に、最初に受けた私立高校へ合格後、一時金として50,000円を支払っています。

合計 71,400円


Sponsored Link




受験へ向けての塾の費用

長男の場合は、幼稚園の年長さんから中学1年生まで学研に通っていました。
その後、中学2年生の時に青葉学院へ。
3年生になり、「集団の授業だと成績が上がらない。」という本人の希望で、個別指導へ通い始めました。

中学1年生 学研・・・月々12,350円
中学2年生 青葉・・・月々16,200円
中学3年生 個別指導・・・月々19,980円

3年生では夏期合宿へ、冬休み中も毎日塾へ通いました。

我が家では事情があり、長男・長女の親の役割は夫のご両親が担当しています。
食事の事、学校の事、塾の事、健康管理等、継母である私は口を出さず、すべてじぃじとばぁばに任せています。
そして長男・長女にかかった費用は、旦那さんのお給料日にまとめて請求がきます。

ですが、夏期合宿や冬期講習については月々の個別指導にかかる19,980円以外に請求がありませんでした。

お盆に友達と食事をした時、「息子の夏期合宿に16万円もかかったよ~。」という話を聞いて、いったいいくら請求がくるのかとヒヤヒヤしましたが、もしかしたら合宿費等はお義父さん達が負担してくれたのかもしれません。
(ありがたや~。)

他にこの時期にかかる費用として、中学3年生では「進路対策費・卒業関係費」として、約18,000円がかかっています。


私立高校へ通うにはいくらかかるのか

あくまでも長男の通う高校ですが。

入学金 150,000円
施設費 100,000円
授業料 300,000円(年間)
その他 220,000円(積立金等)

初年度合計 770,000円

ほかに制服代、後援会費・生徒会費などが必要とのこと。


* 以下、千葉県の情報になりますが参考までに。

千葉県の修学援助制度

★国の就学支援金制度

<対象>
年収910万円未満程度の世帯が対象

<免税額>
月額 9,900 円授業料軽減
(保護者の所得に応じて2.5倍、2.0倍又は1.5倍の加算があります。)


★千葉県内私立高校等の授業料減免制度

<対象>
* 1号 生活保護を受給されている方
* 2号 市町村民税(所得割)の額が、51,3000円未満である方(年収350万円未満程度の世帯)
* 3号 市町村民税(所得割)の額が、175,500円以下である方(年収640万円以下程度の世帯)
* 4号 住宅等の建物,土地,家財等に災害を受けた方
* 5号 上記2~4号に準ずる程度に困窮していると認められる方(家計急変)

<免税額>
* 上記の1号・2号に該当・・・授業料から就学支援金を除いた差額を免除
* 上記の3号~5号に該当・・・授業料の3分の2から就学支援金を除いた差額を免除


★私立高等学校入学金軽減制度

<対象>
* 生活保護を受給されている方
* 市町村民税の所得割の額が51,300円未満である方

<免税額>
入学金の1/2、または5万円のいずれか低い方の額


制服代の日記はこちら


最後までお読みいただき有難うございます。
下のバナーをクリックしていただけると大変喜びます^^


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

こちらのランキングへも参加しています。


掃除・片付けランキング




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL